ミモザな暮らしdiary

HSP主婦目線で日々の体験、経験からいろいろな情報をお伝えします!

オーストラリアのパースは魅力的な都市でした!

今週のお題「住みたい場所」

 

こんばんは。ワクチンの話題が続いてしまったゆずゆりんです。

 

緻密な(?)文章が書く気分になれないので、頭の訓練も兼ねて、今週のお題にチャレンジしてみます。

 

私が住んでみたい場所。今まで行った場所の中では、ダントツでオーストラリアのパースです!

西オーストラリア州・パースの魅力とは?

f:id:yuzusizuku:20210708231005j:plain

独身時代、ワーキングホリデーに行っていた友人からの誘いで、友人何人かと行くことにしました。

 

観光旅行ではなく、友人が知り合った現地の人のご厚意で、パースの人の生活をちょっぴり体験させてもらいました。

行く直前に体調を崩したこと、一緒に行く予定の友人間のトラブルがあり、行くのをやめようかとか、いろいろ悩んだのですが、今となっては行っておいてよかったです。

 

そして、パースの街の魅力は、写真などを見てもらえば一目瞭然だと思うのですが、景色がとてもきれいです。

 

「世界で一番住んでみたい街」と言われたこともあるとか、ないとか???

 

ロットネス島のクォッカが超プリティー

f:id:yuzusizuku:20210708231613j:plain

20年ほど前になると思うのですが、ロットネス島に行くと、普通にクォッカが歩いていました。

 

あまり人間を怖がらないので、ある程度近寄って、写真を撮った記憶があります。

 

全部デジカメで撮っていて、そのカメラを友人がなくしてしまったので、写真がないんですよね。

 

今だったら、スマホで撮って、それこそインスタとかにアップしておけば、どこかに写真が残りそうですけどね。ほんと、残念。

 

コロナもあるし、動物もいるし、旅行に行くことさえも難しそうですけど、もしも住むことができたなら、いっぱい写真や想い出を残したいです。

 

東オーストラリア州との違いは?

f:id:yuzusizuku:20210708231323j:plain

結婚式が海外挙式だったので、シドニーゴールドコーストには行ったことがあります。

 

比較すると、やっぱり東オーストラリアの2つの方が都会的な感じがしました。

 

でも、住むなら都会すぎると疲れそうなので、パースはほどよさがあるような気がします。

 

東オーストラリアでも、都会を離れると、自然だらけみたいですけどね。

 

当時と変更になっている可能性もありますが、東オーストラリア州ではコアラが抱っこできますが、西オーストラリア州ではできない決まりになっていました。

 

そのため、パースに行った時はウォンバットを抱っこしました。

 

公園でバーベキューができる

f:id:yuzusizuku:20210708231947j:plain

無料で、バーベキューコンロが使えるので、材料を持ち込んで、家族や仲間と楽しむことができます。

 

ブラックスワンと雛がいて、公園もかなりおしゃれでした。

 

多分、キングスパークというところだったと思います。

 

犬の散歩とかもできるのかわからないですが、あれだけきれいな公園を犬と散歩できたら、心身共に癒やされそうです。

人々の考え方も自由な感じ???

オーストラリア人の知り合いに聞いたところ、日本ほど結婚にこだわらないようで、事実婚みたいな人も多いそうです。

 

あと、旅行に行った時の現地の方が勉強し直すために大学に行っているという話も素敵でした。

年齢を覚えていないのですが、40代ぐらいの方だったと思います。

 

オーストラリアでは、結構普通だよと言われました。

 

日本でも最近でこそ芸能人の方が学び直している話などを聞くようになりました。

でも、1度社会に出ると、学ぶためにまた学校へ行く人って、そんなにたくさんはいないと思います。

 

生き方の自由度も、憧れのひとつですね。

 

自然な場所がたくさん!

f:id:yuzusizuku:20210708232226j:plain

ピナクルズという場所です

HSPの人はゴチャゴチャしたところにいるより、自然の中にいた方が疲れにくそうかなと思います。

 

そういう観点からいくと、ほどよく都会。ほどよく田舎なのかもしれません。

 

ただ、オーストラリアって、めちゃくちゃ乾燥しているイメージがあります。

乾燥対策は、必須ですね。

 

最後に

完全に妄想劇場となりますが、景色のいい家に住みたいです!

 

そして、優雅なパース住人ライフを送れたら、素敵だなと思います。

 

ただ、今って、オーストラリアに入国もできないんですよね。

 

そう考えると、夢のまた夢です。

 

かわいい動物たちという家族も置いてはいけないので、叶わぬ夢かもしれませんが、ちょっと妄想してみるのも楽しかったです。

 

いい気分転換になりました~。

 

最後まで、お付き合いいただき、ありがとうございました。

 


 

(旅行にも行けないので、この本、買っちゃいました)